7月2日 に障子紙を破いて以来、朝日に叩き起こされ、早朝覚醒に悩まされていた。

三毛は「寝子」という種類の猫であるからにして、枕を北枕になるよう移動して、サッサと眠り直すのであるが、
それでも、睡眠を中断されるっちゅうのは気分のいいモノではない。

で、クルマでホームセンターに行く、と言う知人(72才)に頼み、障子紙を買ってきてもらった。

ジャ~~ン。
新しい障子紙の気持ちいいこと。

さすがプロ、上手ですねぇ

えっ?、三毛がプロかって?
そんなワケないでしょ!!

諦めの良すぎる三毛のこと、障子紙の袋を破ることすらなく、障子&襖の張り替え屋さんに、頼んだのであります。

家まで取りにきてくれて~出来上がったのを窓枠にはめ込むまでで、一枚2500円+税でありました。

「障子紙を買い、剥がすところまではしても、その後が出来なくて、頼みに来る人って、他にもいますかぁ?」 と、
お兄ちゃん以上おじさん未満の障子屋さんに聞いたみたら、

「い~っぱい、おられます」

「この新式のアルミの障子の場合、水洗いしたのを頼まれると、アルミ枠の中が、なかなか乾かなくて、やっかいなんですよ」
「皆さんがお宅みたいに、洗わずに出してくれたら、ありがたいんですがね」

洗うのが面倒で、後ろめたく思ってたんですが、、、、
アハハ (=^・^=)

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ