12時少し前に目が覚めた。腕時計のイラスト

三毛野公園の土いじりで泥が入ってしまったのか、腕時計が壊れてしまった。
予備の時計(文字盤がちと見にくい)も、電池切れ、

三毛の場合は腕時計に頼って生きているので、不便この上ない。

あひるケ池スーパーの時計屋さんにいかなくっちゃ。集まってお弁当を食べる人たちのイラスト

と、一階に降り、食堂を覗いてみたら、楽しそうなメンバーがお昼の給食のために、集まっている。

ちょっと、おしゃべりしてから、出掛けることにしようっと。

自動給茶機からお茶を入れ、席に座ったら、
「あら、三毛野さん、傘と買い物袋を持って、お昼を食べにきたの?」
「ううん、あひるケ池スーパーに行く前に、ちょっと寄ったの」
うどんのイラスト「きつねうどん」
「お腹ペコペコで行ったら、何でも美味しそうに見えて、余分なモノまで買っちゃうわよ」
うん、それは言えている。

ここの食堂は、予約してなくても、冷凍食品などは、食べられる。
きつねうどんでも食べようっと。

三毛のうどんと殆ど同時に、他の人の「お昼ご飯定食」が運ばれてくる。 う~ん、塩味の鶏の唐揚げ、美味しそうだ。
油淋鶏・ユーリンチーのイラスト
いつも小食(でも中肉中背)のHさんに、「鶏、味見させて」

「どうぞ」と言うので、端っこの小さな一切れを貰おうとすると、
「コレとコレの2切れを取って」と言う。
いや、そんなに貰っていいのか?

(結果的には彼女、それでも鶏を食べ残していた)

和風定食のイラストそれを見てNさん「私、さつまいもはキラいなのよ」

と、小鉢を一つ、三毛のお盆に乗せる。

ほとんどしゃべったことのないUさんまで、青菜の入った小鉢の匂いを
ぐ。
「コレ、辛子和え?」と、Nさんに聞く。
N:「そうよ」
「私、辛子和えは苦手」と、三毛のお盆に乗せる。


三毛のお盆の上には、立派な「うどん定食」が出来上がっていた。
あくびをしている猫のイラスト食べ終わったら満腹で、眠くなってきた。
あひるケ池スーパーは中止して、お布団に戻ろうっと。
「では、オヤスミナサイ」

ほとんど初対面のUさんはキョトンとしている。

Hさん「三毛ニャンってねぇ、一日中、眠ってるのよ」

更新する励みになります。
ポチッとひと押しお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ