大病院のイラスト
有名大学付属病院へ行ってきた。
デ、デカい!!

病院敷地内に駅とバス停3ケ所。
そしてかなりの面積の公園があって、やっと、病院の建物にたどり着く。


しかもだなぁ、そこら辺中に立て看板。

しつこいんだよw!!
三毛にどうしろと言うんだ。
        (=^・^=)y-゜゜゜

それはさておき、順番が来て名前を呼ばれた。
30代半ばだろうか、女医さんだった。

今回は女医さんの質問に対し、正確に答えていかないとイケにゃい。

「一番ダルいのはどこですか?」
「いや、ダルいんじゃなくて、筋肉痛の様な感じなんです」
「ダルいのは"どこ”なんですか!?」
「ダルくはないです。一番”痛い”のは、太腿の前面です」

握力の測定や、手で触っての足の力の測定もあった。

女医さんの指示に従うだけで、全ての診察をしてもらえてるのが分かる。
言葉遣いは荒いが、Dr.ナイスミドルの診察と同じだ。

「目蓋は、MGの『垂れる』という状態ではなくて、閉じているか開いているかのどちらかです。
薬剤性のジスキネジアもありますし、目蓋の症状は、私はジストニア だと思います。」

「目の見え方がおかしくなる病気は他にもあるし、筋肉の状態もMGとは少し違ってます」

お医者さんのイラスト(医療)三毛:「これが、一番最近の血液検査の結果です」と、Dr.ナイスミドルがしてくれた血液検査の紙を出す。

女医、すかさずDr.ナイスミドルの名前を見つけ、「Dr.ナイスミドルですか!!。Dr.ナイスミドルにはいろいろ教えていただいているんですよ、私」
 「Dr.ナイスミドルも私と同じことを考えておられますね」

・・・某私立医科大の3人の先生が出した、MGという診断自体をDr.ナイスミドルと女医さんは疑っているのだろう。

女性のお医者さんのイラスト「優しそうな女医さん」女医:「検査入院をして調べたいと思いますが、入院できますか?」
三毛;「はい」

つい先日、”指定難病医療費助成”の審査に通っている。
1ケ月入院しても、1万円+食費で済む。
さぁ、MRIでもなんでも、ドンと来いだ!!
         (痛い検査はイヤだが...)

女医:「次回は9月〇日の予約になります」
   「私は10月で異動になりますので、私の診察は次回が最後となります」

ウェ~~ン、この女医さんがいいのにぃ~~

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ