三毛の場合、歩くのが不自由になって、150m先のコンビニまでしか行けない、というのも困っていたことの一つであるが、

 一番、何に困っていたかと言うと、プレドニンによるウツ状態で、布団から出られない。
 もう一つの三毛の病気の場合、こういうのを「布団だけが友だち」と言うのであるが・・・

 なんとかアマゾンで、素人向け「自分で出来るBスポット療法用の薬&道具」を揃え、無難な方法でBスポット療法を始めたのであるが、そんな方法でも、なんとかBスポット療法をしてくれる病院に、たどり着けるだけ、歩ける様になった。

※無難な方法のハズだったのだが、鼻の中が化膿してしまった(恥)

 それからは、通う度(週に2回、一回710円)、足が軽くなり、プレドニンを20mg/dayから、15mg/dayまで、減らすことが出来た。
(15mgまでは、自己判断で減らしてもいい、と、神経内科から言われていた)

 すると、ウツ状態から抜けることが出来た。
 600m先の総合スーパー(食料品、日用品は全部揃うし、普段着くらいなら、買える)も、行けるようになった。

 MG患者が、Bスポット療法を受けたという例は、探しても多分、この三毛のケース以外、見つからないだろう。

 しかし、昔からあって、副作用の心配のない治療法である。
 MGの治療の選択肢の一つとして、考慮に入れてもいいのではあるまいか、と、三毛は思う。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ