肩が凝り過ぎたので、短い後ろ肢でヨロヨロと、接骨院へ行く。

三毛は肩が凝ると、めまいを起こすのである。
ただでさえ後ろ肢の力が入らないのに、めまいまで加わったんじゃ、どうしようもない。

接骨院は混んでいたのに、何故か院長先生が大きな声で、
「三毛野さん、ようこそいらっしゃいました ('◇')ゞ」
いや、そんな上客じゃないよ、三毛は。

「こっちへどうぞ」
えっ、今日は院長先生なの?
もう一人の先生の方が、もむのが上手いんだけど・・

「実は10日くらい前、うちの家の物置で、野良猫が仔猫を2匹産みましてね、目は開いてるんだけど、まだ見えてないみたいで、
今なら簡単に捕まえられるんですよね」
「でも、このまま置いておくと、野良猫に育ってしまう」

「今からミルクで育てたら、家猫になるんですよね?」
「三毛野さんちにどうかなって、思って。前みたいに2匹をね」

あぁ、茶トラとキジとで、楽しく暮らしていた頃を思い出してしまうじゃないか。

98428b24.jpg←掛布団の上に寝る茶トラとキジ。

かくして、三毛の寝る場所が無くなるのである。





三毛が”猫抜き生活”で、どれほど淋しい思いをしているか、小型犬さえ怖いという院長先生には、分からないんだろうなぁ。

自分の寝る場所が無くなってもいい。
又、猫と一緒に暮らしたい。

 
病気の馬鹿メ !!

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ