MGの治療が、なかなか進まないので、三毛なりに、いろんな方法を試してみることにした。

Bスポット療法施術病院一覧を大きく書き換えたのだが、そのために、何軒の病院のホームページを見たか分からない。

そこの中で見かけた、自己免疫性疾患に効くと、既に分かっている治療法を、自己流にアレンジする。

IgA腎症という病気があり、へん桃パルス療法というのが行われ、50%の人には、とても効果があるそうだ。
へん桃腺を切り取るのだが、ア~ンと口を開ければ見える場所なのに、コレがなかなか大手術になる。

そんなことは出来ないのだが、三毛のへん桃腺は、どう見ても腫れている。
で、ルゴール液(400円位)に百均の綿棒を漬け、毎晩、へん桃腺にコチョコチョ塗る。
へん桃腺は、数日で正常サイズになったが、一日サボると、ちょっと膨れる。

そして、何の病気だったのか忘れたのだが、虫歯の治療をしたら、約半数の人に劇的な効果があった、というのも、書いてあった。
痛くないからと放ってある虫歯、この際、治してしまうことにした。

手掌膿ホウという病気に、ビオチンという水溶性ビタミンが効くのだそうだ。
調べてみたら、毛並みにもいいらしい。
この頃、三毛の毛並み、みすぼらしいモンなぁ。

もちろんBスポット療法も実施中 である。
こっちはちと難しいのだが、ガンバルにゃん(=^・・^=)

IgA腎症にBスポット療法が効くのは、実証済みである。

えっ?、Bスポット療法はMGに効くのかって?
金曜日に、西日本のBスポット療法の第一人者T先生に、直接会って、聞いてくる予定にしとりマ。

こんなにいっぺんに色々やったら、どれが効いたか分からなくなるんじゃないかって?

うん、そこが問題なんだよね、効いてくれたらの話だけどサ。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ