昨日は、Dr.No.2の診察の日だった。

「三毛野さんの血液検査の結果は、特に問題ありません」
「あのチクッとくる筋電図の機械は、MGの状態に対して、鋭敏に反応するんですが、波形に問題はありません」

うん、ここまでは、大いに納得。
Dr.発達障害とは全く違う。
Dr.発達障害は、問診もなし、血液検査もせずに、「精神病」と診断。
アンタは”神さま”か!!

「今の三毛野さんがしんどいのは、MGから来ているのではなく、精神科の領域だと思います」
「精神科と筋なんたら病、両方を診れる先生を探して・・・」 

おいおい、そんな先生がいるなら、そっちから紹介してクレ~

あのぅ、先生さま。三毛をこの病院から追い出したいご事情 は、重々承知しておりますが、お願げぇでございますだ。
ここへ、置いてくだせぇまし。

それと、今の三毛のうつ状態ってのは、いつものウツ状態とは違うので、MGに使っているプレドニン20mg/dayから来ていると、精神科の主治医も、
三毛も考えているワケで・・
&、苦しくなく、生活に支障なく暮らしているので放置しとるワケです。

厚生労働省HP ←長いpdfなので、読まなくてもいいですが、
かいつまんで言いますと、プレドニンによるウツは、普通40mg/day以上で起こるが、10~20mg/dayで起こる場合もある、と書いてある。

「プレドニンは今のまま、4錠(20mg/day)にしときますか?、3錠に減らしますか?」

とりあえず4錠もらっておいて、精神科の主治医に相談してみようっと


にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ