=== Bスポット療法 受けてからの4年間の報告===

           Bスポット療法の説明・・・・・・・・・・・・・・・こちら 
            〃    で治る病気の一覧・・・・・・こちら 
            〃    施術病院一覧表・・・・・・・・・・こちら 
            〃    4年間の治療方法と結果は、こちら 
             自己免疫疾患の方へ・・・・・・・・・・・・・・・・こちら 

先出の記事は、2011年11月に書いたものですが。
4年経て、2015年11月現在の、治療のその後について、書きます。

①治療を受けた当時の話 

2011年9月~11月にかけて、私はBスポット療法を受けました。
週イチペースで、16回、治療費総額は1万5000円でした。

 治療は、いわゆる耳鼻咽喉科で患者さんが次々処置されていく中で行われます。
 先生はこちらの状態を聞く間もなくその手で、鼻の奥深くにチャッチャッと薬剤を塗りつけます。
 ガツン、ギャー痛―い。

 こちらはショックで打ちのめされるのですが、先生は構わず、次の患者さんに移っていきます。
 受けたその日は、ほうほうの体で帰って、2,3日はかえって具合が悪くなりました。

 夜、具合の悪さにのたうちまわりながら、私は、何を信じてこの治療を受け続けてるのだろうか、とも迷いました。 けど、次の回までには、具合が前進するので、やっぱり受けようとなります。

 そしたら、また、ギャー痛―い、ショック、2,3日はかえって具合が悪い、の繰り返し。
 意地のようになって通うと、回を重ねるごとに、痛み出血も少なくなり、同時に各種症状が軽快していきました。
 16回、晴れて治療終了となりました。 治療を受けてよかったと思います。

②治療開始後、4年間の話し

 まず、お断りするのは、あくまでも治るのは、「上咽頭炎に起因する症状」であります。
万病に効くわけでは、ありません。
 私は、他に心身上具合の悪い症状はあります。けど「上咽頭炎に起因する症状」は消えました。
 久しぶりに、改善した症状を思い起こしてみると、「1回目でめまい、イライラが治り、長年悩まされてきた全身のこわばりと炎症が回ごとに引いていきました。

 頭痛が1発で消え、鼻が通って嗅覚聴覚視覚、意識がクリアになりました。
コレは、その後、ずっと維持されてます。
 治療前にはほんとに悩んでいた症状なので、軽快してありがたいです。

③それから、再発についてですが・・・

 治療翌年に、軽い風邪をひきました。
また治療を受ければいいのだ、と気づき、治療を受けました。
 先生は「ちょっと調子が悪いなー、と思ったら受けに来ればいいのだよ」 と言われました。1、2回の治療で、風邪は治りました。

 2014年と2015年の10月にひどいのど風邪をひきました。
熱はないけど、のどが痛くてひどい咳です。
 何日も咳き込んだあげく、どうしたらいいか、を考えたら、Bスポット治療法をすっり忘れてたのを思い出しました。

 早速受けに行くと、上咽頭は炎症を起こしていて、先生は鼻の奥深くにチャッチャッと薬剤を塗りつける。
忘れていた、あのガツン、ギャーであります。
3日置いてもう1回受け、風邪は治りました。
2015年10月にも同じ様になりました。

 同じことになって、なぜ早く行かないのか、と思うのですが、普段、あまりに軽快なので、Bスポット療法の恩恵を忘れるのです。

④素朴で原始的ともいえる療法。なのに根本的
 
 副作用はないと言われているし、途中でくじけてもしっぺ返しはありません。
しかも、治療費が安いです。 年は2回で治って2350円(健保)でした。
 
 対して、医療点数が気の毒な位安いので、病状を丁寧にフォローしてもらうことは期待しないでください。
耳鼻咽喉科医はただ、上咽頭炎を治すだけです。
治ったらどうなるか、は本人が知るだけなのです。

⑤原因不明のあなたの症状の原因が「上咽頭炎」なら、その症状は治まります
 
 謎解きのような治療法が、Bスポット治療です。
この治療法の普及を願ってやみません。

 以上が、その後の報告です。(^O^)/
タグ bスポット療法 鼻咽頭炎療法 クロールチンク 塩化亜鉛 鼻咽頭炎 上咽頭炎 耳鼻咽喉科 Bスポット治療
                  トップページ へ戻る

 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ