筋無力症の関係で何回か、かかりつけの眼科(豪快で楽しい先生である)へ行ったのだが、

「三毛野さんは、毎年5月に、アレルギー性結膜炎で来るだけの患者」と言いながら、Dr.発達障害が回してきた変な仕事=紹介状作成等を、超多忙中、笑いながらしてくれた。

今の場所に引っ越してきてからは、目ヤニが出るとその楽しい眼科へ行って、目薬3種類5本をもらって帰ってきて、 
その目薬が無くなる頃には治る、という繰り返しだったので、

それでいいのだ、と、どういう時期になるのかとか、原因など全く
考えておらず、
その先生の所へ行っていた。

だが、今年はそういうワケにはいかなかった。
三連休の初日に、ドバッと目ヤニが出てしまったのである。
(例年は、こんなに急に進行しない)

大阪市内まで行けば、当番病院があって、診てもらえるのであるが、大阪市内までの電車での移動が無理な三毛、タクシーだと往復でいくら係るか? 

いつも決まった目薬である。
冷蔵庫の中に残ってないか、と探したら、あった!!

左は抗生物質の目薬。

おいおい、2年前に有効期限切れ。
しかも開封済み

右はアレルギーを押さえる点眼。
有効期限はタップリあるし、しかも未開封。

だが、例年はコレの5倍の濃さの点眼で、しっかり症状を押さえておいて、それから、この弱い点眼を続ける。(それをサボると、ぶり返すのである)

薄い方の点眼で、押さえられるのか? 

タクシー代を払うべきか?、コレで凌ぐべきか?

ケチな三毛の答えは決まっている。
とりあえずコレでやってみる (=^・・^=)

ダメなら、諦めて、タクシー代を払うまでだ。

3日間、せっせこ目薬をさしたら、外見上は普通になった。
アッカンベーをすると、まぶたの裏は真っ赤であるが・・・

で、土曜日は連休の中日で、かかりつけの眼科はやっていたのであるが、
過眠のため起きられず、眼科行きはパス

今日=日曜日は、むろん眼科は休み。
明日の月曜日は、MG以外の病気での、クリニックの予約

一体何日、この目薬をさし続けることになるのか、分からない三毛であった。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ