三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

2018年03月

薬代が半額になる制度

難病特定疾病の制度は、皆さん利用されていると思いますが、

厚生労働省のホームページ を見て頂ければ分かるのですが、免疫性疾患に対し、”外来に限り”一割負担になる制度=自立支援があります。

収入に応じての、上限も設けられております。

免疫抑制剤などの高い薬を使っておられる方の場合、外来が薬代を含めて半額になるワケで、チャレンジされてみてもいいかもしれないです。

(入院に関しては、難病特定疾病の制度を利用する、という前提です)

三毛は現在、診察代+プレドニン5mg+メスチノン+胃薬、という安~い医療費で、
悩んでいるのは病院までのタクシー代、という状態なので、

医療費が半額になっても、あんまりメリットはないので、申し訳ありませんが、この制度にチャレンジ(診断書代+手間がかかる)いたしませんが、

(三毛はもう一つの病気の方で、この制度を利用しておりますが、申請の方法は、難病特定疾病の申請と、ほぼ同じです)

チャレンジしてみようという方、チャレンジされた方、
ぜひ、コメントを下さい。

逃げた患者

忙しく仕事をしている白衣の男性のイラスト昨日は神経内科の診察日。

外国に長い間行っていて(博士号を取りに行っていた?)、診察の勘を取り戻すのに時間がかかっていたDr.スリムだったが、
脳外科医のイラスト
診療に戻って3ケ月も経つうちには、必要充分でテキパキ、そして何よりもこの先生のいいところ、ホットな診察になっていた。

診察が終わって最後は、次回の予約を取るために、パソコンの画面が入れ替わる。
パソコンの画面には4週間後~5週間後のDr.スリムの予約状況がうつし出された。
デスクトップパソコンのイラスト
えっ?、予約が一件も入ってない。
満員でなかなか予約がとれなかった、昨年暮ごろの患者さんは、どこへ行ってしまったのか?

超有名大附属病院に来ていた、動作をちょっと見ただけで、三毛でさえ病名が分かってしまうパーキンソン病お婆さんや、車椅子を右足だけで器用に操っているオジさんなんか、
魔法使いのイラスト(男性)
この病院なら「魔法の治療法」があるかもしれない、と期待して、遠路はるばるやって来たんだろうが、
今この病院でやっている治験に参加するとかでなければ、魔法の治療法なんて、ないのだ。

うん、治験といえば、プラシーボ(何の効果もない、にせものの薬)を与えられる可能性も、もちろんあるワケだ。
大病院のイラスト

大学病院を必要としている、または大学病院が必要としている患者のために、
さっさと普通の病院なりクリニックに転院してもらうのが、
世の為人の為というべきであろう。


ん?  プレドニン7.5mg+マイテラーゼ(メスチノンと同系列の薬)
&胃薬だけで落ち着いている三毛こそ、
片思いのイラスト(女性)大学附属病院なんかに来てていいのかって?

いやぁ~、三毛にとってDr.スリムって、かわいくて仕方ないんだよねぇ。
お兄ニャン(うちの息子)と、同じくらいの年令かなぁ。

頭のいい男性って、素敵だよネ

※、お医者さんに限らないが、博士号の研究というのは、実際の診療とは無関係なことをすることが多い。 Dr.スリムの研究も、例えば、こういう病気のネズミにこの薬を与えた時、電子顕微鏡で見たらどうなのか、ニャンて実験で、電子顕微鏡写真の現像ばっかりやってたかもしれない。

姉ゴンが来た

電車・バスの座席に座る人達のイラスト
用事があって、久しぶりに姉ゴン(実の姉、2才違い。電車で約1時間の所に在住)が、来た。

昨日の電話では「2時頃に行く」と言っていたのに、その1時間も前に来た。
まだ、風呂に入ってないのにぃ~
猫を洗う人のイラスト
三毛:「先にちょっと、シャワー浴びてくるワ」

姉ゴン:「三毛ニャン!!、いつから風呂に入ってないの!!」
(三毛に限らず、そううつ病患者は、風呂が苦手である)


黙って風呂場に消える三毛
治安の悪い街のイラスト(背景素材)







身体をこすった後の石ケンの泡が、
灰色に見えるのは、気のせいだろうか、、、、

白内障手術について

さっそく白内障手術にウンチクのたらたらの姉ゴン(実の姉)に電話する。
 
・多焦点レンズは、まだトラブルが多い。
 それに健康保険が効かないから、約30万円かかる。
 
・単焦点レンズなら、保険が効くから、3万円くらい。
  
・元々が近視の人は、弱~い近視に度数を合わせたレンズ。
  〃 遠視 〃   〃 遠視    〃      
  にすると、違和感が少ない。
 
・もちろん、夏の手術は避ける。

三毛の場合、「プレドニン7.5mgなら、手術に問題なし」と断言してくれた”かかりつけの眼科”の先生に、日帰り手術をお願いすることにしたが、
 
入院での手術の方が、グッと楽だからにして、
入院できる病院で、信頼できる先生がおられるなら、そちらの方がいいかも、であります。

以上、ご参考まで。

眼科:2

眼科の検査のイラスト(健康診断)悪い方の右目の白内障検査のために、前回の眼科へ行った。

「前回に簡単に診たとき思った程は、悪くなってないね」
「3ケ月後に、また来て下さい」 動物の手術のイラスト(猫)

家へ戻ってから考えた。

右目の見え方、かなり霞んでることと、ひどくまぶしいことから考えると、近い内に手術が必要だろう。
痒い男の子のイラスト
白内障手術経験者から聞いたところによると、夏の手術は止めておいた方がいい、とのこと。
一週間は風呂もシャワーもダメ。
夏だと、アセモになってしまう。

三ケ月後は、もう梅雨に入ってるw

それに、「また三か月後」と言われたら、秋になってしまう。
冬眠する人のイラスト(女性)
三毛のもう一つの病気の方は、日照時間が短くなると調子が悪くなる。

ダブルセロネガティブの三毛の場合、もう一つの病気のせいで力が出ないのか、MGの調子が悪いのか、見分けがつかず、プレドニンを増やさざるを得ない。

カレンダーを見る人のイラスト(女性)手術をするなら今、”春”だ。

翌日さっそく眼科へ行き、手術の予約をしてきた。
先生も事情を汲んで下さり、一番早い4月の中旬に決まった。

眼科へ行った

前回の診察時、神経内科のDr.スリム

「プレドニンを飲んでますから、骨粗しょう症の検査と、白内障と緑内障の検査を受けて下さい」
「骨粗しょう症の検査は、今、予約をとっておきます」

「うちの病院の眼科は、ひどく混みますので、近所の眼科に行って、検査を受けてきて下さい」
眼科の検査のイラスト(健康診断)
で、かかりつけの眼科へ行った。
豪快で楽しい先生である。

以前からその先生に、「右目の白内障は、不自由を感じる様になったら手術しましょう」と言われていた。


「緑内障は問題ありませんが・・・」
「左目にも白内障が始まってます」
「右目は、次回に詳しく診ますが、ほとんど見えてないハズですよ」
走っているお医者さんのイラスト
えっ!!

「プレドニンは今、何mg?」
三毛:「7.5mgです」
7.5mgなら手術できます。右目だけでもとにかく、出来る時に、見えるようにしましょう」

MGになってから、”プレドニンを使う前に右目の白内障の手術を受けよう”とは、ずっと思っていた。

動物の手術のイラスト(猫)しかし、入院して手術が受けられる病院の先生は「手術しても大丈夫かどうかは、神経内科医の考えることだ」と、言うばかり。

かかりつけの眼科では、日帰り手術しかしていない。
日帰り手術では、3日間、朝早く病院に行かなくっちゃイケない。
(そううつ病患者は、朝が苦手である)
目覚まし時計のキャラクターのイラスト

よし、頑張って早起きして、日帰り白内障手術を受けるゾ






布団から出られない人のイラスト(女性)




と、朝、たたき起こしてくれる人を探す、三毛であった。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索