Bスポット療法 施術クリニック一覧      

         自己免疫性筋無力症(特定難病疾病)が、Bスポット療法でほぼ寛解し、普通に生活しています。

2018年02月

これ以上眠って どうする!:2

MGとは関係がない、と言いつつ、例の漢方薬 のことを書き続けている様に思う方もおられるだろうが・・・

関係なくはない、のである。

大概の精神安定剤や、睡眠薬は、MG患者には禁忌(使ってはイケない)となっている。
(古典的な睡眠薬などの中には、”禁忌”とは書いてないモノもあったが、古典的というだけあって、あまりおススメできない)

しかし、例の漢方薬 には”禁忌”とは書いてないのである。
MG患者が、不安や不眠になった時には、コレがよいかも、である。
少なくとも、眠くなることだけは、三毛が保証する。

不安に対する作用については、ぜひ、精神病を(多分)持ってないだろう人間に試してみなくては!!

「つい余分なことを考えてしまって、落ち着かない時があるんですよねぇ。 ボクが飲みたいくらいです、この薬」
「ドラッグストアーなんかで買うと、高いんですよ・・・」

えっ?、附属病院のお医者さんのお給料って、そんなに安いの?

次回の再診日、三毛の飲み残しの薬を、Dr.に渡してこよう。
(飲み残しの薬の没収は、精神科ではよく行われる)

三毛に1ケ月分で500円も使わせたんダ。
Dr.には、この実験に参加する義務がある、と、三毛は思う。

これ以上眠って どうする!:1

薬のイラスト「粉薬」ジスキネジアに効くという例の漢方薬 =抑肝散なのであるが、
元々は、抗不安薬&睡眠導入剤として使われていたんだそうだ。

三毛は滅多に不安にならないので、抗不安薬としての作用は、よく分からないが、

とにかく眠くなる。

三毛のウツ(一年のうち、8割方はウツである)は、過眠で、一日に14時間くらい、ぶっとう氏で眠り続けるのだが、
あくびをしている猫のイラストそこに1日3回、睡眠導入剤が加わったのであるからにして、

起きている
   ヒマがニャイ

カモがネギ背負って やって来た

MGの方には馴染みのない症状、ジスキネジアというのがある。
口を意識してない時に、口の周囲の筋肉(口唇、舌、下顎を動かす筋肉etc.)が、勝手に動いてしまう、というモノである。

老人性のものと、クスリ(主に精神科の薬)の副作用によるモノが多い。(正確なことは、厚生労働省の長~~いpdf をお読み下さい)

精神科などの薬の副作用の場合、症状も軽くて、すぐ治る人も多いのだが、
味覚の表情のイラスト「苦い」三毛の場合、マウスピースをしなくては、口の中が傷だらけ。
マウスピースをしたらしたで、その”高い”マウスピースを一週間で食いちぎる(1ケ月に上下一組以上は、健康保険適応外)

こういう時期が何度かあった。

しかもこの症状、時間が経って収まってくるのを待つ以外、治療法がなかった。
薬のイラスト「粉薬」
幸い今は、熱いモノや刺激物が飲み食いできないのと、見た目だけの問題で済んでいるのだが、
よく 美月さんのジスキネジアの掲示板 を読ませてもらっている。

その掲示板にある方が、「ジスキネジアに漢方の抑肝散が効く、とのことで試している」と書いておられるのを読んだ。

3日前の木曜日は、有名大附属病院でのMGの診察日。

三毛:「手足の筋肉のこわばり、&筋肉痛の症状は、プレドニンをを減らしても、特に変らなかったのですが、
顔面の筋肉のこわばりはひどくなって、特に朝は、表情が出せないだけでなく、口周辺の筋肉までガチガチに固まり、ジスキネジアさえ引っ込んでます。」

おい、コレってMGの症状か?

「先生、ところで”ジスキネジアに抑肝散が効く”というのを、ネットで見たんですが・・・」

Dr.の顔が急に輝く。

Dr.「ジスキネジアに抑肝散が効くことが分かったのは、ごく最近のことなんですが、このクスリ、筋肉のこわばりにも効くんですよ」

「さっそく使いましょう」

金欠のイラスト(女性)三毛:「精神科で処方してもらえば(大阪府の場合)無料なので、そちらでもらいます。」
(後で計算したところ、精神科で処方してもらえば、1ケ月で500円もおトクだぁ~)

患者の財布の心配をしてくれるDr.ではなかった。

ジスキネジアは本来、神経内科の病気である。
しかしそれで神経内科を訪れる患者は、まずいないだろう。
精神科では「ひにちぐすり」と言ってオシマイ。
老人性の場合は自覚症状に乏しく、家族も”トシのせい”で済ましてしまい、病院を訪れることさえない。

それに添付文書 をみた限りでは、ジスキネジアは抑肝散の保険適応ではない。
(筋肉のこわばりは、保険適応のみたいだ)

目の前に、筋肉のこわばりを訴える患者が、口をしっかりとモグモグ動かしながら座っている。
処方箋のイラスト有名大学病院ともあろうものが、こんなチャンスを精神科クリニックなんぞにとられてなるものか!!

次に神経内科の友達が集まったときの、いい話のネタになる。

Dr.は笑顔で「お大事に」と言いながら、処方箋を渡してくれた。

もちろんソコには「抑肝散・一日3回、35日分」と、書いてあった。

何故?

予防注射も打ったのに、
   予防注射をする猫のイラスト








ずっとコタツムリしてたのに、
コタツでくつろぐぴょこのイラスト








どうしてだろう?

心配する人と吹き出しのイラスト(女性)

















風邪を引いてしまった。
風邪・インフルエンザのイラスト「マスクと鼻水の女性」

お見舞いは下記住所まで、現金書留にて、お送り下さい。
 🏣560-5656
  大阪府 どら猫郡 猫山村 大字母猫 仔字デブ猫1-1
       三毛野 ニャン子 宛
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索