三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

2017年10月

さぁ、スーパーに行くゾ

12時少し前に目が覚めた。腕時計のイラスト

三毛野公園の土いじりで泥が入ってしまったのか、腕時計が壊れてしまった。
予備の時計(文字盤がちと見にくい)も、電池切れ、

三毛の場合は腕時計に頼って生きているので、不便この上ない。

あひるケ池スーパーの時計屋さんにいかなくっちゃ。集まってお弁当を食べる人たちのイラスト

と、一階に降り、食堂を覗いてみたら、楽しそうなメンバーがお昼の給食のために、集まっている。

ちょっと、おしゃべりしてから、出掛けることにしようっと。

自動給茶機からお茶を入れ、席に座ったら、
「あら、三毛野さん、傘と買い物袋を持って、お昼を食べにきたの?」
「ううん、あひるケ池スーパーに行く前に、ちょっと寄ったの」
うどんのイラスト「きつねうどん」
「お腹ペコペコで行ったら、何でも美味しそうに見えて、余分なモノまで買っちゃうわよ」
うん、それは言えている。

ここの食堂は、予約してなくても、冷凍食品などは、食べられる。
きつねうどんでも食べようっと。

三毛のうどんと殆ど同時に、他の人の「お昼ご飯定食」が運ばれてくる。 う~ん、塩味の鶏の唐揚げ、美味しそうだ。
油淋鶏・ユーリンチーのイラスト
いつも小食(でも中肉中背)のHさんに、「鶏、味見させて」

「どうぞ」と言うので、端っこの小さな一切れを貰おうとすると、
「コレとコレの2切れを取って」と言う。
いや、そんなに貰っていいのか?

(結果的には彼女、それでも鶏を食べ残していた)

和風定食のイラストそれを見てNさん「私、さつまいもはキラいなのよ」

と、小鉢を一つ、三毛のお盆に乗せる。

ほとんどしゃべったことのないUさんまで、青菜の入った小鉢の匂いを
ぐ。
「コレ、辛子和え?」と、Nさんに聞く。
N:「そうよ」
「私、辛子和えは苦手」と、三毛のお盆に乗せる。


三毛のお盆の上には、立派な「うどん定食」が出来上がっていた。
あくびをしている猫のイラスト食べ終わったら満腹で、眠くなってきた。
あひるケ池スーパーは中止して、お布団に戻ろうっと。
「では、オヤスミナサイ」

ほとんど初対面のUさんはキョトンとしている。

Hさん「三毛ニャンってねぇ、一日中、眠ってるのよ」

手抜きにて失礼:2

そううつ病の方の中には、冬になるとウツ状態になる、という方が、少なからずおられます。
「冬季ウツ」というのですが、そういう方に向いた職業をみつけたので、もう一つのブログに載せたところ、好評だったので、こちらにもコピペさせて頂くことにしました。
……………………………………………………………………豪邸のイラスト
そううつ病向き職業の第2弾は、仕事だけでなくマイホーム(?)まで、手に入ってしまうという、夢のような話であります。

冬季ウツの方向き。

バブルの頃、一部の方の間で、別荘ブームがありました。

しかし、あれから30年弱、別荘の持ち主たちは高齢化し、別荘の管理に手を焼いております。
でも、この不景気、別荘など買ってくれる人もなく、荒れ果てております。
ジャングルのイラスト
別荘の管理で最低限しなくっちゃイケないのが、草刈り。
それを怠りますと、どこからか木の種が飛んできて、どんどんと大きくなってしまいます。

もちろん仕事の中には、その木を切り倒す、というのも、含まれます。

冬眠する人のイラスト(男性)別荘地というのは、たいがい、夏が涼しい場所。
冬は寒くて仕事になりませんので、ゆっくりと冬眠して下さいまし。

まずは、大阪府の某所に80坪の雑草ボーボー、松の大木が生えている場所をご用意しとりますので、仕事をご体験くださいまし。

チェーンソーを使う人のイラスト大阪には、チェーンソーなどの工具を貸してくれるホームセンターが、稀ですが、ありますので、借りてきて下さい。
レンタル料金は、チェーンソーで1日500円くらいです。

大阪の某所は電気が来ておりませんので、発電機も、ついでに借りましょう。
発電機はどこで借りられるのかって?

三毛に電気のことは聞くな!!

「よし、やるゾ」ということであれば、軽井沢でよろしければ、登記費用(約30万円)で手に入る物件を紹介させて頂きます。
日曜大工のイラスト
ただし、三毛は現物を見たことがありません。

そして、築30年近い物件の上、この10年以上は戸閉めにしたままの上物でございますの雨漏り等しないとは、保障しかねます。

頑張って、自分で修理してネ (=^・・^=)

新しい主治医

女性のお医者さんのイラスト「優しそうな女医さん」今日は有名大付属病院の、MGの診察日。

しっかりと診察してくれる女医さんは転勤してしまい、今日から新しい先生に変る。

「あの女医さんがいいよw」と、泣きそうだったのだが、仕方がニャイ。

順番が近づいて、中待合で待っていると、先生(男)が、診察室から出てくる患者さんに掛ける「お大事に」という声が、とても暖かい。

順番になって診察室に入ると、若いけど落ち着いた雰囲気の先生。問診のイラスト「お医者さんとお爺さん」
(お世辞にもハンサムとか、カッコイイとは言えないが・・・)

診察は初診の患者を診る時のように、丁寧に進行していく、
でもニコニコと、時にはユーモアを交えて。

「眼だけのジストニアの可能性の方が強いですが、MG(=場合によっては命にかかわる)の可能性も否定できないので、
薬の量は時間をかけて、様子を見ながら減らしていきます。」とのこと。
     
※、持続的に筋肉が収縮する運動であり、ある特定の肢位を維持し続ける様になる。    厚生労働省ホームページ より抜粋

病院をたらい回しになる救急車のイラストMGに関しては、いいお医者さんに巡り合えるまで、6人の先生のところを回ることになってしまったワケだが、

いや、Drナイスミドルも女医さんも、いい先生だったんだが、三毛に相談もなく転勤するニャンて、ケシカラン!!

あぁ、苦労した甲斐があった (*^▽^*)

手抜きにて失礼

 昨夜、そううつ病の方のブログに載せた記事なのですが、反響がいいので、コピペして、こちらにも載せさせていただきます。
 「昼までおきられない」というのは、そううつ病にはよくある症状で、そうなると職業選択に、とても困ることになるのであります。
………………………………………………………………………
二度寝のイラスト(男性)三毛のような、一日に15~16時間も睡眠時間が必要、ニャンていう人には無理ですが、
「朝、起きるのが苦手。&夜勤の仕事も無理」という方に、ぴったりの仕事があります。

座禅を組むお坊さんのイラスト「サラリーマン僧侶」とか、「雇われ僧侶」という仕事であります。

少子化に伴い、お寺も後継者難。
でこの仕事、お寺の持ち主は世襲制で、僧侶は近くに住んで通う、というのが、一般的みたいです。

仕事内容、収入等は、上の2つの言葉でググッてみて下さいまし。

お経を唱えるお坊さんのイラスト三毛んちは、大阪ではポピュラーな浄土真宗なのですが、
・亡くなってまもなく、枕教というのを唱えに行き、
・お通夜、これは夕方から夜7時くらいまでの仕事。
・その次はお葬式。
  これもお昼からで、初七日もその日の内に行い、夕方には、仕事が終わります。

以上で三毛野家周辺では10~20万円位。

共働き家庭が増え、月命日のお参りってのは、減りましたね。
あとの収入は、春秋のお彼岸のお参りと、法事であります。
どちらも午後からでOKであります。

僧侶になる方法ですが、それなりの修行が必要なのでありますが、各宗派によって、厳しいところや、簡単に僧侶になれるところがあります。

説明会・セミナーのイラスト三毛の住む、老人向けマンションでは、浄土真宗のお坊さんの資格を持った方が、多数おられます。
修行が難しくないのと、2週間くらいで資格をとれるので、定年退職後、カルチャーセンターのつもりで、資格をとっておられるみたいですなぁ。

ただし浄土真宗は、大阪・京都~北陸以外では、あんまり檀家さんがいないみたいです。
それと、戒名料が要らない=お寺さんの収入が少ない、ということになります。

滝に打たれる修行僧のイラスト天台宗(比叡山)の僧侶になるのには、とても厳しい修行が必要とのこと(瀬戸内寂聴さんが書いておられた)

「今、どこそこの、何宗の、檀家が何軒持つお寺が、僧侶を求めています」というサイトがあるんだそうです。
その画面をにらんでいて、「これダ!!」と思うお寺に、就職の応募をいたします。

えっ?、「ボクは煩悩の塊りだけど、出来るか?」って?

うん、貴方(⇦仕事の事の相談の電話をかけてきた、特定の人を指しております。誰かな~?)は、煩悩の塊りだから、止めておいた方が、よさそうですね。
(と、仕事をススめておきながら言ってる、無責任な三毛であった)
(=^・・^=)

………………………………………………………………………
追伸。記事をアップした翌朝、さっそくこのような 広告が、三毛のところに届きました。
これは、どうやらお寺とは無関係に、葬式や法事に出向くだけの僧侶のようですね。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索