2016年12月23日

その患者、凶暴につき

けたたましく鳴る目覚まし時計3ケで、やっとこさ
”強靭なる精神力で”三毛は眼を覚まし、総合病院の眼科へ行く。

一杯待たされた上、お定まりの検査。
そして、やっと眼科医のところへたどり着く。

『ごく普通の白内障です。問題なく手術できます。』
三毛:『重症筋無力症で、プレドニン治療を開始する可能性があるんですが、大丈夫でしょうか?』
『あぁ、それは僕たち眼科の問題じゃなくって、神経内科が考えることです。』

えぇ・・・、そんな無責任な!!
目玉と筋肉を、バラバラにして考えないで欲しいよw

『ところで、入院して手術を受けても大丈夫かどうか、かかりつけの精神科の意見書を貰ってきて下さい』

オイオイ、今度は精神科かよ (T_T)

そいでもって、
『患者名:三毛野ニャン子。
     手術+入院で凶暴になる可能性高し』
などという、意見書を出して貰ってだなぁ、

重症筋無力症の上、そううつ病まで抱えているのに、無謀にも、白内障の10分程の手術を受けようとする三毛を、

眼科&神経内科、そして何よりも精神科の入院設備の揃った、遠~~い大学病院まで、島流しにするつもりか!!

ニャ~ンて事は言えず、いつもの精神科クリニックへと向かう道を、トボトボと歩む三毛であった。

(ちなみに三毛のそううつ病は、調子が悪くなると、布団の中に潜り込んでしまう”2型”というタイプであります)


にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
にほんブログ村
nekonoko_ at 23:44 │ Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字