2016年11月15日

もう一つの病気がいそがしくて:3

またもや朝、爽快気分で目が覚める。

新幹線で東京に行くのが無理なら、クルマという方法がある、と思いつく。

Mさんにマンションまでクルマで迎えにきてもらい(ニャンと厚かましい!!)、
もう一人運転手が必要だからにして、2種免許で仕事をしているプロドライバーG氏(全く面識がない)と、適当な場所で落ち合い、
夜の名神・東名をぶっ飛ばして東京へ行く。

えっ?、三毛も運転できるのかって?
ペーパードライバー歴35年、高速ニャンて走ったことがない三毛に運転させたら、命の保障は、どこにもない。

三毛は当然(?)後部座席に横になり、グースカピースカ zzZ 眠り、目が覚めたら東京へ着いている、という計画である。

そして関東ウェーブのオフ会の後の、飲み会にも出席し、またもやMさん、G氏の運転するクルマの、後部座席でグースカ zZ 眠り、朝になったら大阪に到着している、という塩梅である。

おぉ、我ながら、何というナイス・アイディア。

『おい、MさんG氏は、一体いつ、眠るのか』って?

フン、”そう状態で立てた計画”だからにして、そんなことまで考えていられるか!!(←正常な判断力を完全に欠いている)

この計画をMさんへは直接電話で、G氏へは『Eさんの電話を介して直接G氏と』(一体どうすれば、そんなことが出来るのか分からない)話したのだが

二人共、即座に却下したのは、言うまでもない (ショボ~~ン) 


にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
にほんブログ村
nekonoko_ at 01:12 │ Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字