三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

新しいヘルパーさんが来た

一週間余り前のことになるが、新しいヘルパーさんが来た。「働くOLさん」がLINEスタンプになりました

三毛はしんどくて、挨拶だけして、ベッドの部屋に閉じこもった。

45才くらいだろうか?
元気ハツラツ。
テキパキと動いてくれる様に見えたのは、最初だけ。

何でもかんでも三毛に聞いてくる。クエスチョンマークを出している人のイラスト(棒人間)

「流しにおいてあるモノ、全部、洗っていいんですか?」
山盛り置いてある食器や空缶、ペットボトル etc.etc.
それを洗ってどうにかするのが、アンタの仕事だろうが!!

・三毛が寝ている場合は、ジャマをしてはイケにゃい。
・ここの「老人向けマンション」は、いつでもゴミ出しが出来る様に
  なってるから、ゴミは全部、出すこと。

前のヘルパーさんから、申し伝えがあったハズだ!!

オイ!!、その掃除機になんか恨みでもあるのか?

掃除機をかける女性のイラスト壁にガツン、家具にガツンしながらかけるのは止めてくれ。
安眠妨害じゃ~~。
(ちなみに、昼の2時であった)

ヘルパーさんの事務所に電話し、今回の人は止めて、違う人を派遣してもらうよう、頼む三毛であった。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

筋力が落ちている

 いつものジュースを飲もうと、蓋
 を開けようとしたら、開かない。

 えっ?













 ベランダに出ようと、サッシを横
 に引いたが開かない。

 鍵がかかっているのかと確認し
 たが、鍵は開いていた。














 三毛のところは「老人向けマン
 ションなので、テコの原理で、

 力の弱い人でもサッシが開けら
 れるよう、簡単な装置がついて
 いる。

 そちらから開けてみたら・・・

 開いた。











立っている時は仁王立ちで、歩くときには、上半身を左右に振って歩いている。
調べてみたら「動揺歩行」という、大腿筋の力が弱った時の歩き方だそうだ。

歩くのに不自由はないし、疲れることもない。
こんなモノだろうと、思っていた。

しかし、腕の力まで、こんなに落ちているとは・・・

プレドニンを元の量に戻したら治るのだろうか?

でも、ウツに戻るのは、絶対にイヤだ!!

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

ヘルパーさんが辞めちゃったよw

「イラスト 無料 ヘルパー 素材」の画像検索結果
9年半のお付き合いになるヘルパーさんが、健康上の理由で辞めてしまった。
ずっと前になった小腸のガンが転移して、その転移した場所がよくないらしい。

前の家では、そううつ病のウツがひどくて、殆ど寝たきりだった。
           だから、寝たきりの三毛にも慣れている。

今のマンションに引っ越してきてからはラピッドサイクラーになって、ヘルパーさんの後ろをつきまとって、無暗にベチャベチャ喋ったり、かと思えば、三毛んちに来てみたら、三毛がいない。

前の家でも、今の市でも、三毛は自立支援の方向音痴の女性のイラストヘルパーさんに来てもらえないので、自費で来てもらっていた。
安心して任せられるヘルパーさんだったので、部屋の鍵を渡して、三毛がいなくても、ちゃんと仕事をしておいてくれる人だった。

いいヘルパーさんや~い
(どうやって探せばいいんだろう・・)

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

電子カルテ

こむら返り・足がつったイラスト「むずむず脚」とアカシジアとという、症状が似ているので、紛らわしい病気がある。

首から下(主に足)の皮膚以外の場所が、なんとも不快な感じになり、歩き回るとその不快感がマシになる、というモノなのだが、

その不快感というのが、何とも言えない不快なモノなので、深夜であろうと、歩き回らざるを得ない。
三毛にゃんか、パトカーに職務質問を受けてしまった。

夜中の3時に歩き回っているオバサンって、そんなに怪しいかなぁ?

三毛は約8年前から、この「ムズムズ」に悩まされてきたのだが、主治医に尋ねても、病名を教えてくれない。
(今回、Drナイスミドルに、その二つの病気の”診断基準”を教えてもらい、どちらの病気にもあてはまらないのが、分かったのだが・・)

薬のイラスト「錠剤・セット」5年ほど前に、三毛の病気での「ムズムズ」にも使えるレグナイトという薬が発売されてから、三毛はグッとラクになった。
早朝にムズムズしてきた時には、頓服のリボトリールをかみ砕いて飲み、その薬は眠気もくるので、もう一眠り。

だが、筋なんたら病になってからは、そうはい
         かなくなった。
リボトリールは筋肉の力を落とすので、フラフラで、立ってることも出来ないノダ。

で、主治医にレグナイトを頓服に出して欲しいと頼んだら、
「精神科では薬の種類の規制があって、三毛野さんの場合は、てんかんの薬の規制にひっかかるので、レグナイトは出せない」とのこと。

お医者さんのイラスト(医療)”精神科だけ”無理なのかと思い、Drナイスミドルの所へ行ってきた。

Dr「かかりつけの精神科は、電子カルテですか?」
Dr「電子カルテの場合は、患者さんそれぞれがIDナンバーを持っていて、医師が打ち込んだ薬の処方が、直接、健康保険組合の方へ行き、IDでチェックされます。
精神科であろうとなかろうと、レグナイトは頓服に出せないんですよ」パソコンを使うお爺さんのイラスト

みなさま、
睡眠薬等のお薬を多い目に欲しい時は、パソコンが使えない、おじいさん医者の所へ行きませう。
      (よい子はマネをしないでネ)

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

親の介護:実家の片付け

「実家を片付けるから、三毛ニャンも来て」と、姉ゴンに言われた。

部屋を片付けられない女性のイラスト「散らかった部屋」自分のモノすら片付けられない三毛。
どう考えても、役に立ちそうにないが、軽そう状態で元気だけはあったので、ゴミ捨て場まで運ぶくらいは出来るだろうと、行くことにした。

しかし姉ゴンは、意外なことを頼んだ。
・テーブルの上の分包紙、みかん箱なら5kg箱山盛り一杯くらい。
・水屋の上半分。
・水屋の上のダンボール、3箱。
を、片付けて欲しいというのだ。

一包化された薬のイラスト テーブルの上の分包紙を仕分ける。
 朝と昼の薬は、ほぼ同量残っている。多分、
 全く飲んでなかったのだろう。
 夜の薬=パーキンソン氏病=手足が不自
 由になる病気。老人に多い、の薬は、3分の
 1くらいは減っている。

 手足、母の場合は主に足、が不自由なのは
        困るので、思い出した時には飲んでいたのだろう。

そして、眠剤は殆どなかった。
母は眠剤が欲しいが為に、飲み残した大量の薬を置いていた。

姉ゴンがどういう薬が残っていたのかと尋ねてきたので、そのままを報告した。
「それを一切、触らせてくれなかったのよ」
「水屋の上のダンボール2つも、多分、同じ内容だと思うけど、確認して。
ホームドクターから、頓服も含めて1ケ月分、新しい薬をもらって、老人ホームに預けてあるから不要なモノは捨てて頂戴」

10分もかからずに、その作業は終わった。
だが、この薬たちは、どれだけ、姉を悩ませていたのだろうか?

もう1箱は、7年前に亡くなった父の薬。
ザザッと見て、全て捨てた。

そして水屋の上半分。怪我をしている男の子のイラスト
なんで、救急絆創膏の大箱が5ケも要るんだ!
外箱が古ぼけたのを開け、接着剤が効いているか確かめる。
まったく、くっつかない。

綿棒しかり、のど飴然り、etc. etc.
家中に転がっていた6ケのハンドクリーム。
どこからともなく、次から次へと姿を現すセロテープしかり・・・

父が脳梗塞で身体が不自由になってから16年間、姉は週に一度は実家に通っていた。
「片付け魔」の姉ゴンのストレスは、どれほどのモノだったのか。

しばらくは、週に一度のペースで、実家を片付けていく。
”遺品整理屋”に頼めば、あっという間に片付くことは分かっているが、姉ゴンのストレスが多少とでも抜けるまで、しばらく付き合おうと思っている。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索