三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

学閥

Dr.発達障害から逃れ、Dr.ナイスミドルへ転院したと思ったとたん、ナイスミドルは転勤、
代わりの先生は、なんとも頼りないDr.田中優介(仮名。これくらいありふれた名前。卒業年度からすると31才位)、

Dr.田中優介はどこの大学出身か調べたら、ほど遠くないB私立医科大学。
その下に「学外協力医」という一覧があって、15名ほどの名前が載っている。
オヨヨ、Dr.発達障害も、No.1先生も、同じ大学の出身ダア~~

No.1先生(=Dr.発達障害と同じ病院)の診察の日が来た。
うわさ通りの、しっかりとした印象の先生だ。

「ドクターショッピングは困るんですよね」
三毛「ドクターショッピングではないです。Dr.ナイスミドルに、これからずっとお世話になるつもりでいました」

「でも、転勤されるとのことで、二回目は田中先生が診察されて、私の顔を見るなり、『貴女のウツ病はプレドニンから来ている。タクリシムスに切り替えていきます。」
「そのタクリシムスの量が、一回1mgだった・・・」
(初回量は普通、3mg)

No.1先生「いくらなんでも、そりゃ酷い」

「その他にも、医師法違反に含まれる事柄も、ありました。」

No.1先生、紹介状に書いてある医師の名前を確認する。
「田中優介先生か・・」
三毛「先生と同じB医大のご出身です。」
「オイ、あの田中かぁ~~!!」

どうやら、ドクターショッピングでないことは、分かってもらえたみたいだ。

「今年の4月1日更新の教室紹介では、B医大に籍を置いておられます」

「Dr.発達障害の手前、僕の立場上、貴女の診察を引き受けるのはマズいんだよねぇ」
「Dr.田中がB医大にいるのなら、B医大に移ってもらうワケにもいかない」

「超有名国立大の附属病院に転院されませんか?」

超有名大学病院に、魔法の治療法があるのなら行くが、
三毛はごくありふれた、MG患者だ。
こういうのが押しかけるから、あの病院が、満員電車並みになっちゃうんだよ。

それにね、ただでさえ足元のおぼつかない三毛を、満員電車なみに混んでいる超有名大病院へ行かせるのか。

大体がだなぁ、このフラフラの三毛は、あの遠~い超有名大に、どうやって通えばいいんだ。
(T_T) 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

Bスポット療法の紹介

「Bスポット療法」のご紹介
        2011年12月~2015年11月、までのまとめ

        
姉ゴンです。

原因不明、または治療困難な、体調不良、自律神経失調症、あるいは自己免疫疾患、でお悩みのあなたスポット療法」を試してみませんか?
姉ゴンです。

長年私は、体がガシガシになるなど、体調不良に悩まされてきました。
あちこち医療機関も訪ねましたが原因がわかりません。
ある時「Bスポット療法」を知ることになり、治療を受けたところ、症状が非常に軽快しました。
とてもウレシイ。

Bスポット療法」をご紹介したいと存じます。
あなたがお悩みの症状に該当すれば幸いです。

Bスポット療法=鼻の奥、のどの上に上咽頭という部位があります。
そこの炎症を取るために、綿棒にクロールチンクという薬剤をつけて塗布します。
耳鼻咽喉科で行う処置で、1回1,2分で終わります。

回数、期間は症状によります。スポット療法は、治療法が考案されたのが発端という珍しい経緯を持つ治療法です。

B スポット療法を施すと…、さまざまな症状が改善するのです。


「慢性上咽頭炎」と症状の因果関係

 慢性上咽頭炎を治療(Bスポット療法)すると、なぜこれらの症状が改善するのか、因果関係はわかっていません。
 ですから、Bスポット療法で必ず改善するとは保障出来ないのですが、これだけの臨床例があります。
試しに「慢性上咽頭炎」を治療してみませんか?  説明の詳細→東京都福生市大野耳鼻咽喉科、
 Bスポットの発見、堀口申作著、光文社、カッパサイエンス(絶版)
 病気が治る鼻うがい健康法、堀田修 著 角川マーケティング
 IgA腎症根治治療ネットワーク Dr堀田のコラム
 kyupinの日記>ブログテーマ一覧、
          クロールチンク塗布療法と不登校(3件) 
                   助言:三毛ニャン
タグ bスポット療法 鼻咽頭炎療法 クロールチンク 塩化亜鉛 鼻咽頭炎 上咽頭炎 耳鼻咽喉科 Bスポット治療
                  トップページ へ戻る
 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

Bスポット療法で治る病気一覧

           Bスポット療法の説明・・・・・・・・・・・・・・・こちら 
            〃    で治る病気の一覧・・・・・・こちら 
            〃    施術病院一覧表・・・・・・・・・・こちら 
            〃    4年間の治療方法と結果は、こちら 
             自己免疫疾患の方へ・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら 

1)自己免疫疾患/潰瘍性大腸炎、リウマチの軽減、糖尿病、紅斑性狼そう、白ろう病、掌症膿ほう症、ベーチェット病、ネフローゼ症候群、IgA腎症

2)体の不調/かぜ、頭重感、鼻づまり、のど(実は上咽頭)の異常感、イガイガ、咽頭痛。

3)炎症/歯痛、口内炎、歯槽膿漏、舌縁潰瘍、へん桃炎、胃潰瘍、

4)自律神経失調症/頭痛、片頭痛、めまい、肩コリ、首のこり、顔面痛、微熱、気分のイライラ、疲れやすい、不眠、食欲不振、低血圧、高血圧、神経症、心身症、チック症

5)アレルギー/アレルギー、鼻アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症の軽減、ぜんそく、気管支ぜんそく、じんましん
タグ bスポット 療法 鼻咽頭炎療法 クロールチンク 塩化亜鉛 鼻咽頭炎 上咽頭炎 耳鼻咽喉科 Bスポット 
                  トップページ へ戻る
 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

Bスポット療法Bスポット療法 受けてからの4年間の報告

=== Bスポット療法 受けてからの4年間の報告===

           Bスポット療法の説明・・・・・・・・・・・・・・・こちら 
            〃    で治る病気の一覧・・・・・・こちら 
            〃    施術病院一覧表・・・・・・・・・・こちら 
            〃    4年間の治療方法と結果は、こちら 
             自己免疫疾患の方へ・・・・・・・・・・・・・・・・こちら 

先出の記事は、2011年11月に書いたものですが。
4年経て、2015年11月現在の、治療のその後について、書きます。

①治療を受けた当時の話 

2011年9月~11月にかけて、私はBスポット療法を受けました。
週イチペースで、16回、治療費総額は1万5000円でした。

 治療は、いわゆる耳鼻咽喉科で患者さんが次々処置されていく中で行われます。
 先生はこちらの状態を聞く間もなくその手で、鼻の奥深くにチャッチャッと薬剤を塗りつけます。
 ガツン、ギャー痛―い。

 こちらはショックで打ちのめされるのですが、先生は構わず、次の患者さんに移っていきます。
 受けたその日は、ほうほうの体で帰って、2,3日はかえって具合が悪くなりました。

 夜、具合の悪さにのたうちまわりながら、私は、何を信じてこの治療を受け続けてるのだろうか、とも迷いました。 けど、次の回までには、具合が前進するので、やっぱり受けようとなります。

 そしたら、また、ギャー痛―い、ショック、2,3日はかえって具合が悪い、の繰り返し。
 意地のようになって通うと、回を重ねるごとに、痛み出血も少なくなり、同時に各種症状が軽快していきました。
 16回、晴れて治療終了となりました。 治療を受けてよかったと思います。

②治療開始後、4年間の話し

 まず、お断りするのは、あくまでも治るのは、「上咽頭炎に起因する症状」であります。
万病に効くわけでは、ありません。
 私は、他に心身上具合の悪い症状はあります。けど「上咽頭炎に起因する症状」は消えました。
 久しぶりに、改善した症状を思い起こしてみると、「1回目でめまい、イライラが治り、長年悩まされてきた全身のこわばりと炎症が回ごとに引いていきました。

 頭痛が1発で消え、鼻が通って嗅覚聴覚視覚、意識がクリアになりました。
コレは、その後、ずっと維持されてます。
 治療前にはほんとに悩んでいた症状なので、軽快してありがたいです。

③それから、再発についてですが・・・

 治療翌年に、軽い風邪をひきました。
また治療を受ければいいのだ、と気づき、治療を受けました。
 先生は「ちょっと調子が悪いなー、と思ったら受けに来ればいいのだよ」 と言われました。1、2回の治療で、風邪は治りました。

 2014年と2015年の10月にひどいのど風邪をひきました。
熱はないけど、のどが痛くてひどい咳です。
 何日も咳き込んだあげく、どうしたらいいか、を考えたら、Bスポット治療法をすっり忘れてたのを思い出しました。

 早速受けに行くと、上咽頭は炎症を起こしていて、先生は鼻の奥深くにチャッチャッと薬剤を塗りつける。
忘れていた、あのガツン、ギャーであります。
3日置いてもう1回受け、風邪は治りました。
2015年10月にも同じ様になりました。

 同じことになって、なぜ早く行かないのか、と思うのですが、普段、あまりに軽快なので、Bスポット療法の恩恵を忘れるのです。

④素朴で原始的ともいえる療法。なのに根本的
 
 副作用はないと言われているし、途中でくじけてもしっぺ返しはありません。
しかも、治療費が安いです。 年は2回で治って2350円(健保)でした。
 
 対して、医療点数が気の毒な位安いので、病状を丁寧にフォローしてもらうことは期待しないでください。
耳鼻咽喉科医はただ、上咽頭炎を治すだけです。
治ったらどうなるか、は本人が知るだけなのです。

⑤原因不明のあなたの症状の原因が「上咽頭炎」なら、その症状は治まります
 
 謎解きのような治療法が、Bスポット治療です。
この治療法の普及を願ってやみません。

 以上が、その後の報告です。(^O^)/
タグ bスポット療法 鼻咽頭炎療法 クロールチンク 塩化亜鉛 鼻咽頭炎 上咽頭炎 耳鼻咽喉科 Bスポット治療
                  トップページ へ戻る

 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

自己免疫性疾患の 医療費助成

           Bスポット療法の説明・・・・・・・・・・・・・・・こちら 
            〃    で治る病気の一覧・・・・・・こちら 
            〃    施術病院一覧表・・・・・・・・・・こちら 
            〃    4年間の治療方法と結果は、こちら 
             自己免疫疾患の方へ・・・・・・・・・・・・・・・・こちら  

難病指定の病気の方で、同様の医療費の補助があるのを
知らない方がおられた。

自己免疫性疾患のうちこれらの病気に、国から治療費の補助がでます。
(自分の病名を、あかさたな索引で、検索して下さい)

どの様な補助が受けられるかについてはこちら

また、自分の病名のところをクリックしてもらうと、素人にも分かりやすく
病気を説明してくれています。

ご自身の病気が、医療費などの補助の対象となる場合、申し込み方法は
こちらへ、お問い合わせください。

以上、難病情報センターホームページからの、抜粋でした。

                  トップページ へ戻る
タグ bスポット療法 鼻咽頭炎療法 クロールチンク 塩化亜鉛 鼻咽頭炎 上咽頭炎 耳鼻咽喉科 Bスポット治療

 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索