三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

病院を追い出された

昨日はMGの診察日だった。
時間通りに病院へ行った。

悪い医者のイラスト名前を呼ばれて診察室へ入ると、Dr.No2が待ち構えていた。
「様子は如何ですか?」
「おかげ様で、元気にしております」

Dr.No2からは、意外な言葉が返ってきた。
「ボク達の治療方針とは違いますね」
「心療内科と連携して診てもらえる病院を探
         してください」

「60日分の薬を出しておきます。次回の予約はとりません」
「病院が決まったら紹介状を書きますから、来て下さい」

Bスポット療法のことは、言うヒマもなかった。
要するに、そううつ病で体調が変わる様な患者は、自分の手に余る、という言い訳なのだが、
本音はもちろん、Dr.発達障害、Dr,田中、そして自分の、学閥の問題である。
救急車で搬送される人のイラスト
筋なんたら病は急に状態が変わることがある。
救急車で運んでもらえて、入院できる所といえば、遠~い、満員電車のような超有名大学付属病院しかない。

(超有名大学は、一方通行を守って行くと遠いのだが、逆行してもいいとなると、けっこう近い所にある)
メールを運んでいる人のイラスト(棒人間)
紹介状を書いてもらい、病院を後にしたが、
どうしてDr,No2は、そこまで、Dr,発達障害をかばうのか、
答えが見いだせない三毛であった。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

叶わぬ夢

 マンションの庭のアベリアの木の茂
 みが邪魔で、通り道をふさいでい
 た。

 で、ちょこっとだけ通れるように木を
 切ったら、猫の通り道ならぬ、太い、
 "虎の通り道"が出来てしまった。

 管理人Sに「マンション内の植物を
 勝手に触ってはイケない」と、言わ
             れた。

仕方ないので、すぐ近所の児童公園に引っ越すことにした。

児童公園の雑草は手強い。

なにせ1m前後の草やら木が、ボーボーと茂っている。
写真の真ん中の巻き尺は、丁度1mの高さである。

それと面積が広い。
3~400坪はあるだろう。

 しかし、やり始めてみると、
 一番多い、約1mの雑草は、ハサミで
 簡単に切れた。

 作業は思ったより早く進み、少年が
 キャッチボール出来るくらいの空き
 地になった。

 奥の方からは、滑り台と鉄棒が現れ
 た。

 もっとも、こういう物を使う年代の
 子どもは、この辺りには、一人もい
 ないのだが、、、





公園の一番奥、そして一番陽当たりのいい場所に、30坪ほどの、”元”花壇があった。

四季それぞれに、花が咲くように木が植えてあったのだが、強い木、たまたま条件がいい場所に植わっていた木だけが、かろうじて生き残っている。

ああ、30坪の陽当たりのいい場所なら、素敵な家庭菜園が出来るのに。


 ”元”花壇の前の1mの雑草をザクザ
 ク切っていたら、





ニヤンと、水道とホースが現れたではないか!!

水道付きの家庭菜園。
しかも、三毛のマンションのすぐ近く。

こんな理想的な場所が、他にあるだろうか?

グラウンドの草引きをするから、30坪を菜園に貸してくれ、と言ったら、高齢化で草引きもままならない自治会から、オーケーが出るかもしれない。
他の公園で、老人会がよく似たことをしていると、聞いている。

若かりし頃の三毛の、老後の夢は、家庭菜園をしながら、のんびり暮らすことだった。

ま、いくらいい場所があったとしても、MGが今のままならば、叶わぬ夢にしかすぎないが・・・

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

新しいヘルパーさんが来た:2

心配している人のイラスト(女性)一週間後、違うヘルパーさんが来た。

今度は大人しいをとっくに通り越して、暗い。

三毛はまた、挨拶だけして自分の巣穴=四畳半にベッドだけ置いた部屋、に引っ込もうとしたのだが、
「先に、寝室の掃除をしますね」

仕方がないので、ソファーで寝ころぶ。
お、遅い!!「イラスト 無料 素材 カメ」の画像検索結果
時間内に仕事が終わるのか?

掃除の済んだ巣穴に戻り、またしても眠ってしまう三毛であるが、今回のヘルパーさんは、静かなので、安眠できた。

2時間後「仕事が終わりましたので、帰らせて頂きます」
三毛:「ありがとうございました」「無料イラスト 素材 探し物」の画像検索結果

一応、仕事は全部してあった。

だが、しかし、モノの置き場が全部変わっているw~~

その日一日、探し物ばかりをしているミケであった。
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

新しいヘルパーさんが来た

一週間余り前のことになるが、新しいヘルパーさんが来た。「働くOLさん」がLINEスタンプになりました

三毛はしんどくて、挨拶だけして、ベッドの部屋に閉じこもった。

45才くらいだろうか?
元気ハツラツ。
テキパキと動いてくれる様に見えたのは、最初だけ。

何でもかんでも三毛に聞いてくる。クエスチョンマークを出している人のイラスト(棒人間)

「流しにおいてあるモノ、全部、洗っていいんですか?」
山盛り置いてある食器や空缶、ペットボトル etc.etc.
それを洗ってどうにかするのが、アンタの仕事だろうが!!

・三毛が寝ている場合は、ジャマをしてはイケにゃい。
・ここの「老人向けマンション」は、いつでもゴミ出しが出来る様に
  なってるから、ゴミは全部、出すこと。

前のヘルパーさんから、申し伝えがあったハズだ!!

オイ!!、その掃除機になんか恨みでもあるのか?

掃除機をかける女性のイラスト壁にガツン、家具にガツンしながらかけるのは止めてくれ。
安眠妨害じゃ~~。
(ちなみに、昼の2時であった)

ヘルパーさんの事務所に電話し、今回の人は止めて、違う人を派遣してもらうよう、頼む三毛であった。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

筋力が落ちている

 いつものジュースを飲もうと、蓋
 を開けようとしたら、開かない。

 えっ?













 ベランダに出ようと、サッシを横
 に引いたが開かない。

 鍵がかかっているのかと確認し
 たが、鍵は開いていた。














 三毛のところは「老人向けマン
 ションなので、テコの原理で、

 力の弱い人でもサッシが開けら
 れるよう、簡単な装置がついて
 いる。

 そちらから開けてみたら・・・

 開いた。











立っている時は仁王立ちで、歩くときには、上半身を左右に振って歩いている。
調べてみたら「動揺歩行」という、大腿筋の力が弱った時の歩き方だそうだ。

歩くのに不自由はないし、疲れることもない。
こんなモノだろうと、思っていた。

しかし、腕の力まで、こんなに落ちているとは・・・

プレドニンを元の量に戻したら治るのだろうか?

でも、ウツに戻るのは、絶対にイヤだ!!

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索