三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

通院前の悩み

明日は通院日だ。猫を洗う人のイラスト

問題は、このところウツで、少なくとも10日間、風呂に入ってニャイ。
風呂に入るべきか、入らなくてもいいか?

蛇口からポタポタ垂れる水のイラストクーラーを効かせた寝ぐらで、グースカピースカ眠っていたから、身体の方は、着替えるだけにして、

ベタベタの頭だけ、台所の流しで洗うことにしようっと。

でも、今日は眠いから、もう寝る。
寝坊をした人のイラスト

明日、予約時間までに間に合うように、起きられるか、
そしてシャンプーまで出来るか 、それが問題だぁ~


にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

人気記事

三毛の、もう一つのブログで、例年、人気のある記事であります。 ……………………………………………………………………… 虫眼鏡を持つ猫のイラスト


平成29年10月からの
  貴方のお住まいの地域の

    最低賃金は、 こちら


     厚生労働省ホームページより


にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

新しいヘルパーさんが来た:3

一週間前に、3人目の新しいヘルパーさんが来た。
猫ちぐらのイラスト三毛はしんどかったので、挨拶だけして、ねぐらへ戻った。

ねぐらで聞いていると、以前の2人の時と違って、指導係の人の声が、あまり聞こえてこない。

指導係の人は、ヒマげに、窓なぞを拭いている。

二人が帰る時にまた、挨拶だけして、それから部屋の中をざっと見たのだが、最初にしては上出来であった。

机を拭く女性のイラスト(掃除)昨日、そのヘルパーさんとしては2回目の勤務。
一人でやってきて、ちゃっちゃと仕事をこなしている。
申し伝え事項(=家々によって、当然モノの置き場なんかも違うし、やり方も違う)も、ちゃんと伝わっている。

部屋干しのイラスト例えば、急に雨が降ってきても、三毛の調子が悪ければ、洗濯物が取り込めない。
だから、どんなにお天気が良くても室内干し。

ちゃんと室内に干した上、昨日は雨だったので、除湿機も回してくれている。

週に1回、2時間来てもらう約束なのだが、多少、時間が余る。
今日はまな板2枚と、洗いカゴを漂白してくれていた。

協力して進む会社員のイラストヘルパー派遣会社の人から子どもが3人いる人、とだけ聞いていたのだが、どうも子どもと言っても、相当、大きいのでは?という感じ。
「今、ご家族は何人ですか?」と、尋ねてみたら、

「上2人は結婚して子どももいて、下の子はこの春、転勤で東京に行って、主人と二人になったんですが、主人が長い単身赴任中に”自分のことは自分でする”タイプになりまして、とってもラクになりました、、、あっ、洗濯機が止まったので、干してきますね」
エプロン姿のお母さんのイラスト
手短に分かりやすく自己紹介。

ああ、やっといいヘルパーさんに巡り合えたみたいだ。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

わぁ~い、有名な先生のブログに 取り上げてもらえた

最近の、三毛のMGの方のブログのアクセスは、ほとんどBスポット療法に関するアクセスであります。

ま、それはそれでいいかも、とも思っております。

今日、久しぶりに「Bスポット療法士のブログ」を見たら、ニャンと三毛の、このブログが載っているではありませんか!!

ウレピー (=^・・^=)

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

歴史は繰り返す

お姉ニャン(三毛の娘)と孫太郎(お姉ニャンの子ども)がやってきた。
孫太郎は今、レゴに夢中である。

某有名大学レゴ部(おいおい、大学生になっても、レゴをやっているのか!)主催の発表会兼レゴ教室が大阪であり、
そこで遊んだ後は、
母ちゃんちで、パパにゃんのクルマが迎えにきてくれるのを待つ、という塩梅。

左の写真は、ロボットの骨組み。
手足が自由に動くようになっている。

設計図どおりに組み立てるのだが、幼児向けの詳しいのではなく、小学校中学年対象の簡略化してある設計図だ。

レゴの先生が、声をかけてくれた。

「その年令で、ロボットの骨組みを組み立てられたなんて、スゴいねぇ。
大きくなったら、おじさんの大学においで」

その言葉に、お姉ニャンは大喜び。

今度は、骨組みの上に肉付けの飾りを、これまた設計図どおりくっつけて、
背景だけは、子どもが自由に作る。

(背景は年令相応のモノだったので、写真はカット。
たまには三毛バァにゃんにも、孫自慢をさせてクレ~)

お姉ニャン、今の孫太郎は確かにレゴが上手い。

母ちゃんも貴女が沢山の、しかも様々な年令の子どもをまとめながら、昔懐かしガキ大将として遊んでいる姿を見て、

このリーダーシップを生かして、沢山の人をまとめて、大きな仕事が出来るんじゃないか、と夢見た。
他の子どもより優れたところだけ見て、いろんな将来を考えたっけ。

沢山、たくさんの可能性を思い描いた。

そしていまお姉ニャンは、母ちゃんが貴女の年令だった時と何ら変わりない、ワーキングマザーをしている。

子どもたちは。、親の過剰な期待を一個一個と踏みつぶしながら、大きくなっていく。

でもお姉ニャンは母ちゃんみたいに、病気なんかで、
ワーキングマザーの道を、途中で放棄しないで済みますように。
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索