三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

自然死なら 何でもいい

自然死とは、他殺、自殺以外の原因で亡くなることを言う。

三毛の持っている精神病「そううつ病」の場合、自殺する人が多い。
私自身も衝動的に自殺したくなったことが、何回あるだろうか。

例えば、プラットホームに電車が入ってきた時、急に飛び込みたくなるのである。
死ななきゃイケない理由なんか、何もない。
ただ死にたいのだ。

「自殺すると、残された家族の心に大きな傷を残す」
これだけの理由で、必死に思いとどまってきた。

三毛が重症筋無力症と診断されたのは5ケ月前なのだが
10年ほど前から複視があり、その時も神経内科医に診てもらっている。

血液検査でアセチルコリン受容体抗体を調べ、抗体の値が正常値が正常値(=±)であることを確かめると、脳のMRIを撮った。
(当時は筋特異性甲状腺ホルモンについては分かっていなかった?)

MRIの画像をじっくりと見、動眼神経に影響する脳腫瘍などがないことを確かめ、
何の治療もしてないのに、複視がだんだんよくなってきていたので、「重症筋無力症の疑い。経過観察」という診断を下し、

その神経内科医は転勤していき、私はそのまま放置した。

………………………………………………………………………
今回、目蓋が開かなくなり、今の神経内科医にかかることになったのだが、眼けん下垂、複視、滑舌の悪さ、飲み込みにくさという症状だけで、MGと診断し、胸のCTだけ撮った。

その時には、ジスキネジア(これも神経内科の病気)があることも伝えている。
今、ジスキネジアの症状が軽くなってきて、飲み込みにくさ、マウスピース装着による滑舌の悪さは、影をひそめている。

なのに、今の神経内科医は脳腫瘍の可能性など、全く考えていないみたいだ。

病気を診察する時の一番のポイント、「最初に、命に関わる病気でないことをまず確かめる」という、患者を診察する時の、”基礎の基礎”を忘れている。

もし今回の「眼けん下垂&だんだんひどくなってきている複視」が脳腫瘍によるものであるなら、私の命は長くないだろう。

でもそれは自然死であるのだから、それはそれでいい。
家族の心に傷を残さずに、私は早く〇ねるのだから。

いま、私のそううつ病の状態は、かなり悪い。 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

MGの症状に「寒い」って あった?

三毛のマンションは、とても熱効率がいい。
熱源といえば、冷蔵庫くらいしかないのに、このところ20度を保っている。

一旦寝たら最後、決して途中で起きたりしない三毛なのだが、明け方、無闇に寒くて、目が覚めた。

今までパジャマだけで寝ていたのだが、パジャマのズボンの下にスパッツを履き、
ヒートテックのタートルネックを着てから、パジャマの上着を着ているのに、
それでも寒い。

………………………………………………………………………
昼になったら暑くなって、どっと汗をかいた。

あ、そう言えばインフルエンザの予防注射を打ったんだ。
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

この薬が 効いた

複視がひどくて、片目を閉じてなくちゃ、どんな作業もこなせない時、

片目が、重くて開かない時、

それどころか夜になると、両目の目蓋とも、言うことを聞いてくれない場合なんか、

目を閉じているんだから、どっから水分が蒸発していくんだろうか不思議なのでありますが、
眼がどんどん乾いていく。

 とにかく、そういう時には、コ  レ!!

 一滴でバッチリ、ドライアイ
 に効いてくれます。

 主成分はニャンと”ゴマ油”





いやいや、いかがわしい品物ではありません。
ちゃんとメーカー品、ロート製薬でござります。

ま、ドラッグストアーで売っていますので、だまされたと思って、お試し下さい。

(コンタクトレンズ用にはまた、別の製品がありますが、
そっちは使ったことがないので、なんとも申せません)

コレでダメなら眼科に行かなきゃ、仕方がないわけですが、

眼科でもらった目薬の、未開封の残りは、ちゃんと保管しといて、
ハイパー薬辞典 などで、薬のことを勉強して、

次回からはコレと、保管してあった目薬で、ドライアイくらいは、自分で上手にコントロールいたしませう。


ん?、MGそのものに、効いてくれる薬じゃないのかって?

MG歴5ケ月の三毛が、そんなモン知ってるはず、おまへんナ (=^・・^=)
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

目蓋が開かないので

目蓋が開かないので、

ブログが書けニャイ 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

CKの値が低い

食欲は出てきたのだが、相変わらず身体がしんどい。

で、遅ればせながら血液検査の結果を聞きに、近所の内科へ行ってきた。

『CK(=CPK)が低い以外、何の問題もありませんね』
『CKと言えば、筋肉が壊れた時に高くなる数値ですので筋無力症の関係でしょう。
神経内科の方で相談して下さい』

いやいや、このしんどいのに、いつも混んでる総合病院になんか、行けるかってんだ。

部屋へ戻って、さっそくパソコンでググる。

『CKが低くなるのは〇〇病や△△病の時。
それ以外では、運動不足でも低くなる』

そりゃ、しんどいからって、こんだけゴロゴロしてりゃ、運動不足以外の何モノでもニャイわなぁ 
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索