三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

早朝覚醒 治りました

7月2日 に障子紙を破いて以来、朝日に叩き起こされ、早朝覚醒に悩まされていた。

三毛は「寝子」という種類の猫であるからにして、枕を北枕になるよう移動して、サッサと眠り直すのであるが、
それでも、睡眠を中断されるっちゅうのは気分のいいモノではない。

で、クルマでホームセンターに行く、と言う知人(72才)に頼み、障子紙を買ってきてもらった。

ジャ~~ン。
新しい障子紙の気持ちいいこと。

さすがプロ、上手ですねぇ

えっ?、三毛がプロかって?
そんなワケないでしょ!!

諦めの良すぎる三毛のこと、障子紙の袋を破ることすらなく、障子&襖の張り替え屋さんに、頼んだのであります。

家まで取りにきてくれて~出来上がったのを窓枠にはめ込むまでで、一枚2500円+税でありました。

「障子紙を買い、剥がすところまではしても、その後が出来なくて、頼みに来る人って、他にもいますかぁ?」 と、
お兄ちゃん以上おじさん未満の障子屋さんに聞いたみたら、

「い~っぱい、おられます」

「この新式のアルミの障子の場合、水洗いしたのを頼まれると、アルミ枠の中が、なかなか乾かなくて、やっかいなんですよ」
「皆さんがお宅みたいに、洗わずに出してくれたら、ありがたいんですがね」

洗うのが面倒で、後ろめたく思ってたんですが、、、、
アハハ (=^・^=)

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

親戚、1.3mの床上浸水

昨日朝、中国地方の親戚が床上1.3mの浸水状態、というのを聞いた。

グーグルマップで見ると、川幅5mくらいの、普段は多分小川と言ってもいいような川の、堤防が決壊したようだ。

ストリートビューで見ると、周囲一体、2階建ての家ばかりで、2階に避難して、ケガなどはないと思うが、夕方になると、もう少し上流でも、膝までの浸水、とのことで、ボートなどでの救助には、まだ時間がかかりそうだ。

二階まで、少なくとも飲料水を持って上がれただろうか?
停電してるだろうから、真っ暗な中で不安な一夜を過ごしているに違いない。

防災用品一式揃っていても、届ける術がない。

何も出来ない自分が、もどかしい。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

防災食 試食

尾西食品 アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存 各味1食×12種類)先日の大阪の地震の時、ガスが使えないとおかずを作るのも大変だろうし、防災食が期限まで8ケ月だったのもあって、お風呂に入りにきた甥っ子に、左の写真とよく似た防災用ご飯セットを持って帰ってもらった。

東北大震災の後しばらくしてから、マンション管理人室を通して購入したモノなので、Amazonでは売ってないメーカーであるのだが、アルファー化米(白ご飯5ケ+五目ご飯など5ケ)のセットで、お湯なら15分、水なら30分で出来上がる。

袋のまま食べられ、中にはスプーンも入っている。

ガスが復旧した&お礼の連絡が嫁さんからあった。
甥っ子とお嫁さん両方に送る形になってるLINEに「会社の昼ご飯にでも、みんなで食べて」と連絡したら、すかさずお嫁さんから、「私が、家で試食します」との返事。

結果からいうと、お嫁さんに食べてもらえてよかった。
お嫁さんと5才の子二人で食べてみての感想を、しっかりと聞けたからだ。
炊き込みご飯のイラスト
「味のついたご飯は普通に美味しかった」
真剣にご飯を食べる人のイラスト(女性)「白いご飯は、サト〇のご飯より美味しいくらい。」

「しかし白いご飯は、ふりかけでもなければ、そのまま食べるのには無理がある」

「袋の説明に、『無洗米を炊くのに比べて3分の1の燃料で済む』とあったが、電気を使っている時間から考えると、測ってみた訳ではないが、実際にそれくらいで済むと思う」

で、新たに防災食を買うことにした。
山の頂上で声を出す人のイラスト
味については、普段登山に行く人の意見が参考になった。
いろいろな会社の品を、食べ比べている。

「××社の商品は、塩辛い」
すると別の人が「僕も塩辛いと感じた。食品成分表をみると、かなりの塩分オーバーである。水が充分に手に入らない状況を想定すると、コレは災害用には適さない」

「△△の商品は、中まで充分に柔らかくならず、芯が残る。歯の弱いお年寄りには不向き」 etc.etc.

これらの意見を参考にして、三毛が注文したのが、一番上の写真の品である。

10年保存水というのが出たので、それも買って、夏の間に、そろそろ期限切れの5年保存水を飲んでしまおうと思っている。
ペットボトルに入ったお茶のイラスト
あと例年そうしてるのだが、お茶のペットボトル1ケースは切らさないようにして、順次、飲んでいく。

もちろん甥っ子に持って帰らせたカセットボンベはすぐ注文して、既に届いている。

今回は暑い時期の、かつ狭い範囲の災害であったが、寒い時期だと、冷たいモノを飲み喰いしだだけで、身体が冷え切ってしまう。

東北大震災から6年余り経った。
防災食品等の備蓄の見直しも勿論大切であるが・・・

東北大震災の時、ライフラインの問題があまりなかった場所に住んでいる友人が、「薬がなかなか届かなかった。薬の備蓄も忘れずに」とのことでありした。
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

こういうニャン生もあるノダ

今日はMGの診察日。

Drスリム:「どうですか?」と言いつつ、三毛の顔を見る。
ウツのどんよりした顔で「ウツで引きこもってたんで、分かりません」
Dr:「食事はどうしてるんですか?」
三毛:「食事付マンションに住んでます」

Dr:「他の家事は?」
三毛:「買い物は生協とAmazon。洗濯は全自動洗濯乾燥機」
Dr:「ウツって、どれ位の期間、続くんですか?」
三毛:「3週間くらいの時もあれば、何年も続くこともあります」

Dr:「う~~む。前回の血液検査から半年経ってますねぇ。抗体価も含めて検査しましょう(^O^)」

治らない病気の患者の扱い方、慣れてこられましたねぇ、Drスリム。
いやぁ、子どもの成長を見てるようで、嬉しいのであります。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

早朝覚醒

早朝覚醒とは、朝早く目が覚めて、睡眠不足で困る、という症状をいう
そううつ病では、よくある症状である。

ある朝早く(=朝早くから起きてくるってのは、元気すぎて変テコなことをやってしまう「そう状態」の症状の一つ)、生協のチラシを見ていると、障子紙が載っていた。
そういや、三毛んちの障子紙、ひどく汚れてるなぁ
よし!!、張り替えるぞ。

と、ベリベリと剥がし始める。

左側の障子紙をキレいに剥がし、







右側の障子紙を破り始めたところで、お腹が空いてきた。

アイスコーヒーと干し芋の朝食を食べる。


お腹が膨れると、目蓋の皮がたるむ。
一休み、一休み。

夕方に目が覚めたら、”そう”は、どっかに行ってしまってて、
いつもの「何もする気になれず、布団でゴロゴロするばっかしの三毛」に、戻ってた。

あれから何日経っただろうか?
障子紙はビリビリのままである。

このところ、夜明けがメチャ早い。

障子紙のバリアがなくなって、朝日が三毛を襲い、たたき起こす。
おい、これを早朝覚醒と言わずして、何と呼ぼう。

干しイモのいつもの朝食を食べ、遮光カーテンを閉め、再度、布団へ潜り込むと、すぐ眠りにつく。
そして夕方まで眠るのであ~る。

えっ?、生協の障子紙は届いたのかいって?
ウンニャ、まだ、注文すらしてない。

生協のチラシに、次回、障子紙が載るのは何時かなぁ・・・

それまで、この早朝覚醒との闘いは続くのである。
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索