三毛ニャンと 重症筋無力症      

          MGと躁うつ病との 二人三脚になってしまった、三毛ニャンの日記です。

PC音痴は悲し:2

一晩うなって、考えた。

そうだ、文系出身の魚夢師匠(というHNのそううつ病の友人)でも写真投稿出来るんだから、理系出身の三毛に出来ニャイはずはない!!

(一応は理系ではあるが、「計算するには計算尺を使うんだ」と、教わった三毛である)




出来た!!








ーー季節外れになっちゃいましたが、
      三毛野公園の写真でありまするーー

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

大阪の地震を振り返って

まだ、2日しか経ってないのに「地震を振り返って」なんてのは、早いのかもしれないが、

被災地、高槻市で中学校時代を過ごし、高校時代は茨木市に住み、
もちろんその辺りを自転車で走り回り、
JRの線路の下のくぐり穴の近道まで知ってる三毛。

今は、今回の被災地とはかなり離れている所に住んでいるとは言え、三毛のマンションの前は、そこへ向かう幹線道路で、しっかり観察していた。

今回地震で大きく揺れた高槻・茨木というのは、衛星都市ではあるが、都市直下型地震として、大変よいモデルであった。
人口は両市合わせて約70万人。

地震の揺れで目を覚まし、それから15分くらい経ってやっとアタマがはっきりしてきた三毛、タバコを吸うためベランダへ出たら、三毛んちの前の信号が止まっており、パトカー2台&警察官が10人、立っていた。

あんな、滅多に人が渡らない押しボタン式信号に、こんなに警官が集まってどうするんだ?
と見ていたら、

そこには信号の操作装置があり、大阪府警はまず、被災地へ向かう道の、主要信号(三毛のマンションから150mくらいの場所)を止め、警察官による手信号に変え、緊急車両を優先的に被災地へ向かわせるためだった。

(マンションの人が警察官に「今回の被害地はどこ?」と尋ねたところ、「高槻・茨木・箕面です」との返事だったそうだ」。15分でそこまでつかんでいる)

三毛んちの前の道、追い越し禁止・Uターン禁止なのは知っていたが、真ん中にポールが立っている。ニャンて変な構造なんだろう、とずっと思っていたのだが、

警察官がポールを抜いていき、災害時の緊急車両用レーンを確保していく。

鉄道のマヒに連れ、道がどんどん渋滞していく。

被災地の状況が分かるにつれ、大阪府としての対応は都市ガスというのが判明。
大阪ガスのクルマって、こんなにあったの?、という数のクルマが、サイレンを鳴らしながら、緊急車両用レーンを、スイスイと走っていった。

ガスは危険なので、ガスタンク近くの元栓を止め、安全を確保したところからガスを供給する、という形をとっていて、阪神大震災の経験から、ちゃんと対策をとっているみたいで「一週間で、全戸=11万軒復旧いたします」

大阪府全体としてみると、阪神淡路大震災の教訓は充分生かされている、と言いたいのではあるが、

水道は各市町村の管轄。
高槻市はきっと、高槻に地震は来ない、という自信があったんだと思います。
断水地域の皆さま、復旧は何時になるか分かりませんが、気を長くして、給水所へお通いくださいまし。

茨木&箕面市では、全地域、水道が通っておりまする。

被災地の方には気の毒だが、遠からず来るかもしれない他の地震への訓練と思い、一週間はガマンしてもらうしかないだろう。
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

PC音痴は悲し

三毛野公園の状況です。

と、写真を投稿したつもりだったのに、
&、三毛のパソコンでは、ちゃんと写真が載っているのに、

オヨヨ!!、携帯で確認したら、
    写真が写ってニャイ!!

三毛はライブドアブログを使っているのでありますが、

三毛に断りもなく、携帯から直接、写真投稿が出来るというサービスを、止めてしまったのであります、

(~_~メ)

で、「三毛のつぶやき、パソコン関係よろず相談係」 いるかちゃん に電話したのでありますが・・・

いるか:「アイクラウドに浮かばせて、○△×☆~~」
三毛:「あのね、三毛んちにはワィファイなんていうモンは、飛んでないの!!」
いるか:「なんちゃらかんちゃらして、ファイルに落とし込んで」
「三毛の辞書には、ファイルという文字はニャイ!!」

ここまでのパソコン音痴となると、さすがのいるかちゃんでも、手に負えないようで・・・

仕方ないので、ここウン十日、イラストばっかしでごまかしてきたのでありまするが・・・
パソコンに熱中する人のイラスト(女性)
昨日、魚夢師匠からゴーヤの写真がパソコンにメールで送られてきました。

お、もしかして、パソコンの写真なら、画像コピーして、ブログに載せられるのでは、と思い、さっそく今日、「かん難辛苦、汝を玉にす」と、頑張ったのであります。

おお、出来ました。
写真が画面に出てくるのに多少、時間がかかりますが、出てきてくれました。

三毛のパソコンでは!!
あくびをしている猫のイラスト
当時、日本では2台しかないコンピュータたらいう機械にもたれ掛かりながら、三毛ニャンは昼寝なぞしとったのですが、

こういう老後を迎えることになるとは、小学1年の三毛には、知る由もなかったのであ~る。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

添付文書

添付文書と聞いても、ご存知ない方もおられるかも。

医薬品の箱の中に必ず1枚入っている、主に薬剤師さん向けの説明書なのであるが、
患者には見せない、というキマリになってるらしい。

そううつ病患者は、よい意味でも、そうでなくても、理屈っぽい人が多い様に思うのだが、どうもMGの患者さんは、それほど性格に偏りがない?
あちこちのブログを読ませて頂いた、というだけからの感想であるが。

えっ?、三毛はどうかって?
うん、理屈の塊りだからにして、すぐ添付文書を開くが・・

万人向けの薬の説明としてハイパー薬辞典 を、紹介しておく。

本物の添付文書が見たい方は、
  :
  :
  :
自己責任にて、お探して下さりませ (=^・^=)

自分の飲んでる薬の半減期=効果がある時間、なぞを知るのは、楽しかったりしますが,

めったにない重症の副作用なんかが、最初に書いてあったりする、というか、ほとんどの場合、書いてあるので、

「アナフィラキシーショック(〇に至ることもある、急性かつ重症のアレルギー反応)、頻度不明」ニャ~ンて書いてあって、ビビッてしまっても、知~~らないっと (=^・^=)

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

開業医実習

今日はいつもの診察の日。
クリニックのドアを開けると、ココとしては珍しく待合室が一杯。
白衣の男の子のイラスト(将来の夢)
受付の女性:「今日は開業医実習の先生が来られているので、しばらくお待ち下さい。」

三毛のかかりつけの内科には、よく開業医実習のインターンが来るので「開業医実習」というのを知ってるが、知らん人の方が多いのではあるまいか?

医学部を卒業後、まず大学病院などの各病棟などを一通り回り、二年目には開業医にも行って、開業医の仕事の仕方を見てくるのが、開業医実習である。
イケメンのイラスト
名前を呼ばれて診察室に入ると、おぅ、なんとハンサムなインターン (^O^)/
インターンに分かりやすい様に受け答え出来る患者だけにかもしれないが、主治医はいつもとは違う形で質問してくる。

Dr:「眠れてますか?」
聞くまでもなく、三毛はいつも過眠である。

ハンサムボーイ先生、今日(月曜日)が精神科開業医実習初日だろう。
寝起きのイラスト「寝ぼけている女性」熟練患者として、サービスしなくっちゃネ。

三毛:「お昼の3時か4時まで、眠っています」
Dr:「ん?、それで夜は寝付けていますか?」
いつも、ちゃんと寝付いとるワイ。

三毛:「はい、あの弱い眠剤のレンドルミンで、12時にはコテンと寝ています。」
Dr:「ということは、一日15~16時間眠ってるんですよねぇ」
話し合いをしている医療従事者のイラスト
で、診察はコレで終わり。

いつもなら、診察後すぐ受付で渡してもらえる処方箋なのに、少しだけだが待ち時間があった。
インターンに主治医が、そううつ病のウツ期の過眠について、説明してるんだろう。
いろいろな表情の猫のイラスト「笑い顔」
ち~っとも診察になっとらん診察であったが、ハンサムなインターンのためなら、え~んやこ~ら、

遠路はるばるクリニックに来た甲斐があった、と満足しながら、帰途につく三毛であった。

にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索